google-site-verification=4OliuOTXDMdDiQwedrkPZ7QmpBf9m9tma0IQVe0lv_4

アイデアの出し方

突然ですが、小説・漫画のネタ探しの際に、アイデア出しにおける2つの違いを明らかにしておいた方がよいと思いました。

ボク自身も、よく思いつきに物語のアイデアを考えては頓挫して、いらぬ苦労ばかりしてきました。(恥ずかしいですが ...

ストーリーの作り方

いつも創作お疲れさまです。
はい。トライアル・アンド・エラーパートはボクの造語です。

略して、T&Eと呼び方をします。

ストーリーの作り方

このブログでは、ストーリー作りは①誰?、②何故?、③どのように?の3つの決め事から、要約文を作成してプロット作りをすると、シナリオづくりが早く上手く描けるようになる、ということを紹介しています。

関連記事:創作前の3つの決 ...

ストーリーの作り方

いつも創作お疲れ様です。

以前、ストーリーの分割で概要をお伝えしましたが、もう少し、具体的に物語づくりのコツについて触れていきますね。

コツというのは、パーツ(節)と、パート(章)の違いを明確にすることで、物語 ...

キャラクターについて

キャラの価値観なんで、描いてみないとわからないですよね?
はい。ボクもそうです。

最初のキャラ設定で、価値観を決めてみた方がよいのか?シナリオを描いていくなかで価値観を決めた方がよいのか?

作家さんによ ...

ストーリーの作り方

スリーベースを設定し、アイデアを時系列に並べて、ストーリーのアウトラインの作成、そして、ト書きや台詞入力も、だいたい終わったとします。

さらに完成度を上げるためには「ここポイントなのに意外とわかりずらい」などの死角を、検出 ...

ストーリーの作り方

結論からいいますと、あらすじは、DVDパッケージに書いてある文章で、シナリオとは、誰がどの場面で何をしているかという文章になります。

ですから、あらすじが優れているかどうかで、DVDの視聴率を左右されるとも言われています。 ...

ストーリーの作り方

あなたがストーリーを書き進めていて、いよいよクライマックスシーンを書く段階に突入したと仮定します。作業で頭がいっぱいな状況で、この記事を読むゆとりははないかもしれませんが、もし覚えていたら、是非、挑戦していただきたい内容です。 ...

ストーリーの作り方

今回は、主人公のハンディキャップの効果についてご紹介しようと思います。

これはけっこう簡単で、主人公が、ゴール(目的)に方向に向かうように設定した時にわかります。

これまでの記事でも、主人公の目標(ゴール)がと ...

キャラクターについて

名前は大きく分けると日本人名、外国人名になりますが、ぶっちゃけ適当につけても構いませんが、やはり読者から覚えやすく馴染みやすい方が良いですよね?

覚えやすい名前の方が、読者もストレスなく読めますから、まずは短くて、ゴロがよ ...

ストーリーの作り方

ストーリーの結末が、予測できたらぜんぜん面白くないですよね?

そんなストーリーを作ってもあなたは楽しめないですし、当然、読者に作品の魅力を感じさせることは難しいです。

では、「結末をわかりにくくすればいいの?」 ...

ストーリーの作り方

あなたの作品を読んだ読者から続きが読みたくて気がすまない!眠れない!

そんなコメントをもらったら嬉しいですよね?

もし、そんなコメントしてくれる読者がたった一人でもいたなら、あなたがマイナーな作家であったとして ...

アイデアの出し方

複眼と単眼を意識したら、

次に、間を置くトレーニングです。

このトレーニングは難しく、かなり重要です。

クリエイターとして持つべきスキルだと思います。

なぜかと申し上げますと早く!気持ち ...

アイデアの出し方

アイデア出しのコツとして、作品づくりに欠かせない思考法があります。

それは、単眼と複眼です。

昆虫類の目の名称でよく使われる言葉ですが、脳科学の分野で人間の思考パターンにもよく代用されています。

複 ...

ストーリーの作り方

あなたのストーリーの中に、ここぞ!といえる名場面を盛り込むことで、物語全体を装飾していくための方法をご紹介します。

前回、作品ボリュームのことで、ストーリー分割についてのお話を覚えてますか?

・章(チャプター) ...

アイデアの出し方

本日は、オリジナルのアイデアについてお話しようと思います。

巷でパクる、パクられるという言葉がありますが、つまり他人のアイデアを盗み、自分のアイデアにすり替えることです。

もちろん、あなたはパクるなんてことはし ...

アイデアの出し方

描くネタがなくてお困りかもしれません。

つまり〝描きたいこと〟が不足している状態です。

そう。これだ!ってものがないんですよね。汗

ボクも情報整理ができなかった頃は焦るだけでした。創作どころじゃあり ...

創作のメンタリティ

いつも創作お疲れ様です。

結論ですが、

楽しみながら伝えるというのは、作りてが楽しむことが優先してしまっているので、読者に楽しさを知ってもらい、読者の反応の期待をして、作り手も楽しむ

です。 ...

アイデアの出し方

さて。本日の結論です。

①作品タイトルを考えるタイミングは創作前の3つの決め事を決定した後
②つけたタイトルは仮決め(一時保留)にする。
③タイトルの確定は、物語の肉付け作業を行いながら案を出す ...

アイデアの出し方

あなたの大切な作品の立て看板だからこそネーミングに迷いますし、誰もが悩みどころですよね。

小説・マンガに限らず、ライトノベルでは、長いタイトルや、オシャレな4文字タイトルなど、時おりのブームによって様々です。

...

ストーリーの作り方

リミットとは

いつも創作お疲れ様です。

主人公が目的に向かって歩み出すと、うまく行く時と、うまくいかない時の状況がいったりきたりで物語が展開します。

うまくいかない時の〝負の状況〟をその世界に与えます。これが舞台 ...

ストーリーの作り方

舞台って、ファンタジー、宇宙、中世ヨーロッパ、戦国時代、学園、世紀末、いろいろありますよね。

あなたがもしヨーロッパが好きならおそらく、そこそこ詳しいと思いますし、ファンタジーなら、エルフやゴブリンの習性なんかもよくご存じ ...

アイデアの出し方

創作するにあたって〝作品テーマを決め、テーマに沿って表現しよう!〟と勘違いしている方や、教育現場でも多く耳にします。

テーマっていう言葉は、実は厄介なんですよ。

〝テーマ〟は表現するのではなく、作品をみて読者が ...

アイデアの出し方

この題目は、ボク個人が創作する中で得られた大切なコツを紹介しますね。少なくとも、物語づくりに迷わなくなりましたので、オススメしたいのです。

ベタな慎重論ですが、せめて、頭の片隅にでも置き、創作に励んでいただけたら嬉しいです ...

ストーリーの作り方

もしあなたが遊園地の「お化け屋敷」の制作オーナーだとしたら、何を第一に優先して考えますか?

入口を先に考えると、お客さん(読者)をどの方向へ誘導するか見えてこないので、物語の落とし所(クライマックス)を先に考えましょう。

キャラクターについて, ストーリーの作り方

エンターテイナーとしての〝オチ〟は、クライマックスです。

しかし、始まり(オープニング)と、物語の結果がなければ、オチ(結末)は成立しません。

したがって、小説でも漫画でも、ストーリーの落とし所には、主人公の使 ...

ストーリーの作り方

物語づくりで最初に考えるべきところは、入口(オープニング)ではありません。

出口(エンディング)でもありません。

出口一歩手前のクライマックスです。

クライマックスは主人公がピークを迎え打つ最後の晴 ...

ストーリーの作り方

創作前の3つの決め事(①誰、②なぜ、③どのように?)

このスリーベースについて詳しく解説しますね。

短編も長編もストーリーには必ずオチがあって、オチがないと味気がなくて読者に刺さらないんですよ。

た ...

アイデアの出し方

前々回での「作品ボリューム」では、短編を優先して書きましょう!とお話しました。

短編は、長編作品へ読者を誘導する〝呼び水〟であると抑えておいていれば、あなたに長編作品を描ききる情熱があれば、長編をチャレンジしてもいいんです ...

ストーリーの作り方

これは、現在進行形で、あなたがWEBサイトで連載していることを仮定して考えていきますよ。

ズバリ!結論から申し上げますと、小説であれ、漫画であれ

100ページ以上の長編作品よりも、30ページ前後の短編作品3本を ...