google-site-verification=4OliuOTXDMdDiQwedrkPZ7QmpBf9m9tma0IQVe0lv_4

人生には物語がある

2024年1月1日

謹んで新春をお祝い申し上げます。飯友優です。

いつも創作おつか・・・・(いや、さすがに元旦に創作はしてないですよね・・・してたりして・・・)

本日は、創作を愛するあなたへの新年のお祝いのメッセージ的なものを綴ろうかと思います。といっても、そんな大それた話ではなく、ここ最近ふと思うことなんですが。

ボクがこのブログをはじめたのが、2019年の6月なんです。記事も200件を超えてしまい、自分でも何を書いたのか記憶になかったり、久しぶりに昔の記事を読んで羞恥心に苛まれるわけです。

動機(原点)を思い返してみれば、とある創作コミュニティで、絵は、かけるけどストーリーが思いつかない方たちに、自分なりの物語の作り方を教えたのがきっかけです。

思えば、いろんなことがありました。こうしてブログを続けられるのも、こんな拙い文を読んでくださるあなたがいるおかげなんですよ。

実は、私ごとなんですが、2020年の暮れにコロナウィルスに感染してしまい、自宅療養していたのですが、翌年2021年の2月に後遺症となり、膵臓を痛めてしまったんですよね。これにはダメージが非常に大きく、職場に出勤ができなくなりました。

かろうじてリモートワークをしていたのですが、2021年の暮れにリストラされてしまいました。そこから這い上がるまでが至難でした。

まず、身内からは共感してもらえず、冷たくあしらわれ、精神的なショックで3週間くらいカプセルホテルで過ごすこともありました。(それが一番悲惨だったな)

食事制限をしながら、なんとか1年かけて後遺症と戦い、やっとまともに活動できるようになったのが、2022年の9月あたり。そこから、就活をはじめて、ようやく今の新しい職場に決まったのが、2023年の3月です。

決まったら決まったで、仕事を覚えたり、新しい人間関係の構築も大変で。(なんか愚痴っぽくてごめんなさいね)体力的にも精神的にもこたえる歩みでしたが、ブログの記事は最低1ヶ月に1回は書こうと決めていました(書いてない月もありますけどね)。

あなたにも、つらいこと、悲しいこと、楽しいこと、幾多の試練を乗り越え続けていると思いますし、良くも悪くも、その刺激イベントを〝糧〟として、ボクら作家は生きているんだと思います。

人生は、ずっと、まったりしているわけではなく、上がったり落ち込んだり、もちろん、これからもいろんな起伏は待っていると思います。

仮にもし、毎日がずっと平穏だったら、退屈してしまわないでしょうか。解釈のしようによっては、振り返ってみて、よき思い出になるか、トラウマになるだけなんだけど、年齢を重ねる度に「なんと、味わい深く、愉快な人生(物語)だろう」と感じる日がくるのではないかと。

そもそも人生には、ゴールはなく、ゴールインした後も、次のスタートラインに立ち、また新たなゴール(続編)が立ちはだかっているだけだと思います。

ボクは、病気になり身内に迷惑をかけたものの、好きで病気になったわけではないのに、痛みに寄り添うどころか足蹴にされたのは、耐えられないほどショックで「家族でも所詮は他人なんだな」と心底思ったほどです。

しかし、決してそうであってはいけない理想と現実とのギャップが、まるで主人公VSラスボスを想起させました。ま、ちょっとしたドラマみたいな感じですね。

なんだかんだで、それでも結局、家族という存在はありがたいし、宝物なんだとボクは思いたいのです。(思考の枠が広がり、ボクが出した結論です)少なくとも、この実体験が〝家族〟というテーマについて作品を通して語れると思います。

あなたもどうか、苦しくてつらいことも、小説や漫画のネタにしていく、しなやかさを持ってくださいね。次々に起きる災難も、ストーリーの貴重なネタとして受け止められるようになれば、きっと、いきいきとした面白い物語が描けるようになるかと思います。あなたの物語は、あなたの人生の一部なのですから。

なんーか、また偉そうなことを書いてしまい申し訳ないです。今年も、ちょびちょびブログを更新していきますので、楽しみに待っていてくださいね。(^_^)

あなたにとって素敵な作品を生み出せる一年となりますよう、心よりお祈りしてます。

ではまた、お会いしましょう!グッドラック!

関連記事:ブログ記事を振り返って