google-site-verification=4OliuOTXDMdDiQwedrkPZ7QmpBf9m9tma0IQVe0lv_4

アイデアの出し方

この題目は、ボク個人が創作する中で得られた大切なコツを紹介しますね。少なくとも、物語づくりに迷わなくなりましたので、オススメしたいのです。

ベタな慎重論ですが、せめて、頭の片隅にでも置き、創作に励んでいただけたら嬉しいです ...

ストーリーの作り方

もしあなたが遊園地の「お化け屋敷」の制作オーナーだとしたら、何を第一に優先して考えますか?

入口を先に考えると、お客さん(読者)をどの方向へ誘導するか見えてこないので、物語の落とし所(クライマックス)を先に考えましょう。

キャラクターについて, ストーリーの作り方

エンターテイナーとしての〝オチ〟は、クライマックスです。

しかし、始まり(オープニング)と、物語の結果がなければ、オチ(結末)は成立しません。

したがって、小説でも漫画でも、ストーリーの落とし所には、主人公の使 ...

ストーリーの作り方

物語づくりで最初に考えるべきところは、入口(オープニング)ではありません。

出口(エンディング)でもありません。

出口一歩手前のクライマックスです。

クライマックスは主人公がピークを迎え打つ最後の晴 ...

ストーリーの作り方

創作前の3つの決め事(①誰、②なぜ、③どのように?)

このスリーベースについて詳しく解説しますね。

短編も長編もストーリーには必ずオチがあって、オチがないと味気がなくて読者に刺さらないんですよ。

た ...

アイデアの出し方

前々回での「作品ボリューム」では、短編を優先して書きましょう!とお話しました。

短編は、長編作品へ読者を誘導する〝呼び水〟であると抑えておいていれば、あなたに長編作品を描ききる情熱があれば、長編をチャレンジしてもいいんです ...

ストーリーの作り方

まず先に、ストーリーのアウトラインを作ります。

アウトラインとは、ストーリー分割の作業で、以下が全体像になります。
(1)章(チャプター)→話
(2)節(セクション)→シーン
(3)項(ターム)→台 ...

ストーリーの作り方

これは、現在進行形で、あなたがWEBサイトで連載していることを仮定して考えていきますよ。

ズバリ!結論から申し上げますと、小説であれ、漫画であれ

100ページ以上の長編作品よりも、30ページ前後の短編作品3本を ...

アイデアの出し方

あなたにストーリーのアイデアがひらめいたかもしれません。

でも、

「これは絶対に書いたら面白い!」ではなく、「こんな感じがおもしろそうかなぁ」というスタンスくらいが丁度いいいんです。

そのアイデアは ...

アイデアの出し方

着想の問題点では、

①アイデア(着想)の原理を理解していなかったこと
②膨大な情報から選択肢を絞れてなかったこと

をご紹介しました。

関連記事:着想のコツ①
     着想のコツ② ...

アイデアの出し方

実はほとんどの人が、アイデア出しという言葉の意味を誤解していること、まずはじめに申し上げておきます。

以前、ストーリーを肉づけをする前の段階で、創作前の3つの決め事についてお伝えし、そのコツもお伝えしました。

...

キャラクターについて, ストーリーの作り方

どのように?の決め方は、物語の主人公が終盤に結果を出すという意味です。

というのも、あなたの生き様(遂行した事)を描くことがポイントになります。

米詩人ウォルト・ホイットマンの名言に、

あなたの生き ...

アイデアの出し方, ストーリーの作り方

なぜ?という意味は、一言でいえば理由です。

では、理由を考えるにあたって必要なことは?

主人公に明確な目的を与えることです。
〝目的〟が先にないと、〝理由〟が浮かばないじゃないですか。

①目 ...

キャラクターについて, ストーリーの作り方

誰は、〝主人公〟であり、〝どんな人〟か?いうことです。

最近では、美系アイドルの〝複数〟が主人公、というのもあります。

また、ヒロインやサブキャラなどの登場人物も考えないといけない!と焦っちゃうと思いますが、そ ...

ストーリーの作り方

誰?、なぜ?、どのように?

結論から申し上げますと、

①創作スピードが上がる
②創作が楽しくなる
③読者に読んでもらいたくなる
④モチベーションが上がる
⑤頓挫が減る
などです。 ...

ストーリーの作り方

創作をイメージする前に、まず先に抑えなくてはいけない3つの答えがあります。

つまり、ストーリーの要約文です。

①誰が
②なぜ
③どのように?

はい。これが当サイトの中心部でありボクの ...