google-site-verification=4OliuOTXDMdDiQwedrkPZ7QmpBf9m9tma0IQVe0lv_4

なぜ?の決め方のコツ

2019年6月7日

なぜ?という意味は、一言でいえば理由です。

では、理由を考えるにあたって必要なことは?

主人公に明確な目的を与えることです。
〝目的〟が先にないと、〝理由〟が浮かばないじゃないですか。

①目的→②理由

という順番で考えていきましょうね。

もちろん、場合によっては、逆でも構いませんよ。

目的が決まれば、理由はすぐに見つかります。

例えば、
・なりたい自分
・自分が目指す理想
・現状を打破
など。

前回、①誰が?(主人公)が〝自分の一部分〟だとお伝えしました。

ですから、主人公に〝目的〟を与えなければ、物語にすることができません。

関連記事:主人公の挑戦(覚悟)と決意(誓い)

でも、この目的(ゴール)や目標を決めるって、むずかしくないですか?

思い出してみてください。あなたが小学生の頃、「将来やりたいこと、夢を紙に書きましょう」と先生から言われて本気で書きましたか?あなたを含む、ほとんどの人が、夢や将来の希望を、とりあえず〝適当〟に書いたと思います。

いや、そりゃそうですよね?夢を書けって言われても、先のことなんて、親、兄弟、自分さえもわからないし、答えは、簡単にでません。

でも、そこがヒントです。

夢やゴールに足る能力を身につけていくのは、これから起こる物語なので、「だいたいこんなもんかなー」と、適当に緩く選んだと思います。

はい。以前、ご紹介したように、主人公の決めるコツでは、これまでに経験した濃い思い出や、自分でしか味わえなかったと思われるエピソードを土台にして考えることでしたよね?

関連記事:個人的なエピソード

目的を絞り込む

現代人は、目的を定めるのに〝選択肢〟が多いから簡単には決めることがしにくくなっています。

だからこそ、あなたが掲げている、理想像、望んでいる世界や結末(選択肢)を、絞り込むことで迷いをなくすことが一つの手です。

難しくとも、まずは明確な目的を決定させないことには、ストーリーが成立しません。

身近で、小さなことでも構いませんので、印象に残った出会いや感動(小説・漫画・映画作品は、除く)などを思い出してみましょう。

時間をかけてゆっくりお考えください。

ただし、あなたに絞り込むほどの経験や体験談(情報)が少ないとすれば、多少は増やさないといけませんよね。

関連記事:情報不足ではアイデアが浮かばない

あなたはなぜ、作品を描きますか・・・?

そうです。主人公の目的を絞りこむことは、あなたが〝何故この物事を書くか?〟を決めることと同じことだからです。

作品の中にある根っこの部分です。

関連記事:何故?からはじまった物語は強い

まとめ

ストーリー作りは、〝自分探し〟です

何故の決め方のコツは、

①主人公に明確な目標を与えること
②目的が決まれば、その理由について決める
③理由や動機は自分の体験に基づくエピソードを土台にする

いかがでしょうか?

焦らずに、着実に物語を構築できたら幸いです。

次回は、(3)どのように?の決め方についてです。お楽しみに!

創作前の3つの決め事
(1)誰?の決め方
(2)なぜ?の決め方←今ここ
(3)どのように?の決め方
3つを決めるメリット