google-site-verification=4OliuOTXDMdDiQwedrkPZ7QmpBf9m9tma0IQVe0lv_4

創作のメンタリティ

創作お疲れ様です。

息抜きに、電話で気の合う友だちとしゃべるとか、おやつを食べるとか、いろいろ方法があると思います。

でも、映画鑑賞や作品における息抜きについては、ちょっと特殊だと思うんですよ。

こ ...

キャラクターについて

強い主人公って、インパクトがあって魅力的ですよね。

読者を釘付けにできる強い主人公を作りたいですよね。

はい。今回は、ドンパチやってどんな強敵でも勝ち続ける強さとか、とんでもない必殺技を使ってといった小手先の強 ...

アイデアの出し方

AIって50年ほど前からの歴史がありますが、2014年ごろから、急にブレイクしたんです。

その理由が、深層学習(ディープランニング)という技術が海外で開発されて、日本にも上陸して本格的にブームになります。

巷で ...

ストーリーの作り方

はい。前回の続きになります。
もし、あなたが(①バトル+②ラブコメ)の要素があるジャンルを選んだ場合、

・バトルの結末 →勝つか負けるか?
・ラブコメの結末→好かれるか好きになるか?

この二つの ...

ストーリーの作り方

あなたが出版社やWEBに投稿や応募をして、自分のオリジナル作品を世に広めて少しでもブランド力を上げたい!願わくば、多少はお金にできたら嬉しい!そんな望みをかなえるために、丹精こめつつ、創作されているかと思います。

そこで、 ...

キャラクターについて

普段の人間関係では、人を性格を判断する時に、

例えば、
・よくしゃべる人(タイプ)→明るい性格→良
・しゃべらない人(タイプ)→暗い性格→悪

など、ついつい主観で良し悪しをつけてしまいませんか? ...

キャラクターについて

小説や漫画においてもキャラクターの格好があります。

まず外見を表現するための注意点を申し上げておきますね。

あなたの好みで、キャラの外見を決めてはいけない

ということです。

どういうこと ...

ストーリーの作り方

いつも創作お疲れ様です。

悪を効果的に描こうとするなら、まず、様々な人間や社会の裏の世界を学ぶことをおすすめします。

では、悪役よりも先にまず、“悪”そのものについて知りましょう。

人間の脳は、ポジ ...

創作のメンタリティ

ちまたでどんどん流れてくるニュース、溢れまくっている情報ってどう感じてます?

政治や経済、気象情報、人が語る価値観、お料理番組、一見すれば、ネタや材料になるかもしれません。

ただ、あなたが作品の要約(スリーベー ...

創作のメンタリティ

突然、無気力になることってありませんか?

前は楽しくサクサクやれていたことが、どういうわけか、今では全くできなくなってしまい、不安で心配でしかたなくて、心が重く、目標に対して御億になって、そろそろポキっと折れてしまいそう。 ...

創作のメンタリティ

このままでいいと思ってしまっているあなたへ

ストーリー作りもアイデアの出し方もキャラクター作りも、マンネリ化していないでしょうか?変に焦せらせているわけじゃないですよ。

「何か物足りないな」とか「ありがちだな」 ...

ストーリーの作り方

今回は、主人公のハンディキャップの効果についてご紹介しようと思います。

これはけっこう簡単で、主人公が、ゴール(目的)に方向に向かうように設定した時にわかります。

これまでの記事でも、主人公の目標(ゴール)がと ...

ストーリーの作り方

読んでても、ハラハラドキドキがないと面白くないですよね?

どうすれば、あなたの作品の中にハラハラドキドキ感を出せるか?

人って恋愛ゲームやRPGもそうですが、刺激を求めていることは間違いないと思います。 ...

アイデアの出し方

ストーリー作りとアイデアの出しの同時並行って、しんどくないですか?

頭の中が大量の情報がグルグル行き交って、すぐにゴチャゴチャになった経験はあるかと思います。

これを一気に整理させる方法があります。

ストーリーの作り方

物語の各章と各章、各章と節、節から各章が、ぶつ切れにならないように気をつけないと読者がついてこれなくなるので、注意しましょう。

2つのストーリーパートの中間にある接合部分ですが、

うまく区切らないと、読者が迷っ ...

ストーリーの作り方

(1)ストーリーの連結

主人公の最終目的で本編ストーリー(幹)があり、主人公をゴールに導くために存在するサブキャラのサブストーリー(枝)があります。

この幹と枝を一つに結びつけないとストーリーが成り立ちません。 ...

キャラクターについて

リアクションって、一言でいえば〝反応〟ですが、当然キャラによっては反応はまったく異なります。日本の心理学者、宮城音弥氏によれば、人間の〝性格の同心円〟の中心部分には、〝気質〟というものがあり、これは、持って生まれてきたものであり変わら ...

キャラクターについて

想像物であるキャラクターが、さも現実に存在しているかのようにリアリティーを出すためには?

キャラクター設定をの呼び名と一人称に着目していていきます。

例えば、あなたの周りにも親しい友だちがいますよね。その友だち ...

キャラクターについて

名前は大きく分けると日本人名、外国人名になりますが、ぶっちゃけ適当につけても構いませんが、やはり読者から覚えやすく馴染みやすい方が良いですよね?

覚えやすい名前の方が、読者もストレスなく読めますから、まずは短くて、ゴロがよ ...

キャラクターについて, ストーリーの作り方

前回では、二つの要素が対照的であればあるほどインパクトが与えられる、というお話でした。

関連記事:インパクトの与え方

メインキャラ

では、あなたが考える登場人物にインパクトがあるか?あるいは、映えさせるために必要 ...

ストーリーの作り方

インパクトの意味は、〝強い衝撃〟ですけど、読者にどのようにして衝撃を生ませているのか?まず、そのメカニズムについてご紹介します。

例えば、
車が壁に激突します!

結果、ものすごい衝撃音と、破片が飛び散り ...

創作のメンタリティ

直訳すると〝ゾウの症候群〟です。

脳科学や心理学の分野でけっこう有名なんですけどね。

この言葉の由来はですね。

地面に杭を打ち、幼いゾウの足に鎖を巻き付けて行動に制限をつけます。

すると ...

アイデアの出し方

情報を調べても、なかなかいいネタが思い浮かばない。

よいストーリーや、自分の考える世界観もいまいちだ。

とりあえず、なんでもいいから面白そうな情報が欲しい。

藁をも掴む、ネコの手を借りる、口からのど ...

アイデアの出し方

作品のネタ探しで情報を検索していると、あれ?何を調べようとしてたっけ?ってことよくありません?

あなたが、情報のカテゴリや、ツリーを意識したとしても、情報が頭の中でどんどん雪だるま式に太って、パンクした経験は少なくないと思 ...

ストーリーの作り方

読者に〝結末〟を感じさせないためにするのがミスリードです。

このミスリードが秀逸であればあるほど作品の価値が格段にあがります。

読者に、
そうか!そうだった!いやーまいった!ブラボー!

なる ...

ストーリーの作り方

ストーリーの結末が、予測できたらぜんぜん面白くないですよね?

そんなストーリーを作ってもあなたは楽しめないですし、当然、読者に作品の魅力を感じさせることは難しいです。

では、「結末をわかりにくくすればいいの?」 ...

ストーリーの作り方

あなたの作品を読んだ読者から続きが読みたくて気がすまない!眠れない!

そんなコメントをもらったら嬉しいですよね?

もし、そんなコメントしてくれる読者がたった一人でもいたなら、あなたがマイナーな作家であったとして ...

創作のメンタリティ

人は、色々なものを見たり聞いたりすると、比較しますよね。
場合によっては、やる気が失せます。

比較という行為は、本来、作品のクオリティーを上げるためのもので、二者択一で良し悪しを判断する材料であって、アートではなく ...

アイデアの出し方

複眼と単眼を意識したら、

次に、間を置くトレーニングです。

このトレーニングは難しく、かなり重要です。

クリエイターとして持つべきスキルだと思います。

なぜかと申し上げますと早く!気持ち ...

アイデアの出し方

アイデア出しのコツとして、作品づくりに欠かせない思考法があります。

それは、単眼と複眼です。

昆虫類の目の名称でよく使われる言葉ですが、脳科学の分野で人間の思考パターンにもよく代用されています。

複 ...