google-site-verification=4OliuOTXDMdDiQwedrkPZ7QmpBf9m9tma0IQVe0lv_4

キャラクターについて

作品には、良くも悪くも、メッセージがこめられ、そのメッセージの中には、あなたのコアな考え方や思考そのものが存在しているはずです。

例えば、
あなたは理想主義か?
それとも現実主義か?
・・・と質問さ ...

キャラクターについて, ストーリーの作り方

キャラクターの感情表現が豊かであれば、読者を笑わせたり、泣かせたり、魅了させたりできます。

台詞ではなく感情です。

今回は、キャラクターのリアクション(感情の動き)について洞察したいと思います。

台 ...

アイデアの出し方

メタファーとは?

隠喩(いんゆ)、暗喩(あんゆ)という意味です。

正しい解釈をすることは避け、常に言葉として説明したがらない作家さん(作り手)が、大半をしめていると思います。

つまるところ、安直な表現は避けたいの ...

創作のメンタリティ

創作?できません。

そもそも、創作する前に、やることがあるのに疲れてできない。やるべきことがあるのに、やる気がでない。

やるべきこと(仕事、掃除、洗濯)主に生活に欠かせないタスクがあるのに、創作なんて後回しです ...

ストーリーの作り方

今日は、ストーリー作りで役立つ場面展開、ターニングポイント(転機)について紹介します。

平たくいうと、ストーリーで言えば分岐点であり、キャラでいえば転機です。

終着点と言える終わりでもあり、出発点とも言える始ま ...

ストーリーの作り方

ストーリー作りやアイデアを出している中で、よく「ありがちだな」って思ってしまいませんか?

今日は、物語に付加して良いパターンと、最後に、個人的にNGだと思うパターンについて綴っていきたいと思います。

さて。〝あ ...

ストーリーの作り方

作家は、読者が知らないことを知っているので、ある意味で情報を取材するジャーナリストかもしれません。

つまり、読者よりもあなた(作家)の方が、一枚上手があることが基本です。

読者が、知らないこと、わからないことを ...

アイデアの出し方

物語のディティール(肉付け作業)をする上で、あなたが世界の中だけで通用する言語を考えていきましょう。

いわば、その世界では、常識として成り立つオリジナルキーワードであり、読者に刺さる言語です。

実在するものと組 ...

ストーリーの作り方

プロット作りは、まずアウトライン化からはじめます。

「アウトライン化?」

はい。アウトライン化とは、章(チャプター)節(セクション)項(ターム)など、文章レベルに応じて階層化された状態で、全体の流れや構成が整理 ...

アイデアの出し方

ストーリー作りや、場面の展開のアイデアを考える時に「こーしたら、あれがダメになる、あーすればおかしいし・・・」と色々と苦心されてませんか?

ボクも、ストーリーや物語の展開のアイデアが枯渇している時があります。

...

キャラクターについて

本日は、オープニングで意識することについてご紹介します。

ストーリーのオープニング作りも、人間関係の初対面も同じだというのがボクの見解なんです。

もし、あなたが男性(女性)だった場合・・・・

ある女 ...

キャラクターについて

ストーリーの醍醐味といえるクライマックスで、主人公に、かっこよくてしびれる決め台詞を言わせるには?

言霊を宿すんですよ。あなたが感じていることをありのままに。

何が流行で、とってつけたような言葉でなく、あなたの ...

アイデアの出し方

新しい作品を作る時って、プロットのアイデアを出していくじゃないですか。

プロットのアイデア出しで苦戦するのは、ひらめいた場面(シーン)が、シチュエーションなのか?あるいは、パターンなのか整理されていない時によく混乱が起こっ ...

アイデアの出し方

今回は、人間観察についてお話したいと思います。

ストーリーとは作り話です。あなたのアイデアです。つまり仮想の人物が登場する架空のお話ですよね。

架空のものですが、実際にありそうで、あり得りえるお話だったりり、起 ...

ストーリーの作り方

以前、舞台設定でお話しましたように、世界やキャラに条件をつけて、能力や時間にリミットを与える、ということをさらっとお伝えしたつもりです。

関連記事:舞台設定 リミットを与える

リミットを決める前に考え方として知 ...

ストーリーの作り方

オープニングで、きっかけ(事件)が面白そうだと、読者は食いつきますが、美味しそうに見せるためのコツを教えます。

①わかりやすさ
②具体性
③ギャップ
④謎の要素
⑤リミット

です ...

アイデアの出し方

今回、ネタ集めについてお話します。

あなたは、創作をするために、本屋へいったりお話のネタ集めをしますよね。

手間も時間も掛らない一番手取り早いネタ集めといえば、インターネット検索でしょう。

でもネッ ...

キャラクターについて

いつも創作お疲れ様です。

本日は、ラスボスとは?に続いて、ストーリー作りで重要なファクターとなる、ラスボスについてお話ししたいと思います。

ラスボスとは何かというと、あなたの自由意志を否定し、対極にあたるライバ ...

創作のメンタリティ

創作をしよう!創作するぞ!意気込んでたり焦ったりしていると、途中で空回りで終わることってありません?

計画倒れってやつです。ボクは大いにありますね。笑

あなたはいかがでしょうか?

その主な原因は大抵 ...

ストーリーの作り方

生徒「あのう・・・」

ボク「はい?」

気軽に、突発的にストーリーをつくりたいんですけど。どうしてもスリーベースを決めないとダメですか?

・・・というと?

もっと、手取り早いストーリーの構 ...

キャラクターについて

キャラの価値観なんで、描いてみないとわからないですよね?
はい。ボクもそうです。

最初のキャラ設定で、価値観を決めてみた方がよいのか?シナリオを描いていくなかで価値観を決めた方がよいのか?

作家さんによ ...

アイデアの出し方

結論を言えば、今、そのアイデア、あなたの作品の盛り付けに必要かどうか?ということに尽きます。その振り分け方の基準については後ほど解説します。

これまで、着想のコツとして、着想の本来の意味を理解し、ネタを絞る方法やボリューム ...

アイデアの出し方

前回、着想のコツ(その1)の続編ですが、アイデアの出し方は、あなたが、普段から興味があること、関心事のキーワード(複数の要素)を融合して、ネタを引き出すということでした。

やはり、着想して終わりではなく、それをいかに物語へ ...

アイデアの出し方

なぜ、面白い発想やアイデアに出ないから悩むのでしょうか?

はい。それは、着想・アイデアの意味を誤解して選択肢をしぼれきれていなかったためです。

①着想の意味を誤解
②選択肢が絞れきれていない

ストーリーの作り方

物語と言えば、世界の成り立ちを説明する、旧約聖書やギリシア神話や古事記などがありますが、実際には侵略があり移動があり最終的には時の支配者が国を統治するために作られたお

キャラクターについて, ストーリーの作り方

悪役って、作りづらいって思ったことはありませんか?

「いえ、特にはありませんが、何かこう悪役といえるのかどうか?」

そうそう。結構、悪役って重要だけど、いまいち附に落ちない感じってありますよね?

危害を加 ...

創作のメンタリティ

え?一億円を稼ぐ映画が作れても、自信が持てない?

どういうこと?

なんて贅沢な悩みだ!

ていうか勿体ないですよね?1億円稼ぐ?

ボクならヨダレが出そうですが、実際そういう小説家・漫画作家 ...

アイデアの出し方

自分でも、作品を作りたいと思っていても、質のいいアイデアが思い浮かばないと、創作することは難しいですよね。

アイデアというのは、基本的にインプットしないと出てきません。

ただ、とても大切なことは、

...

ストーリーの作り方

見せ場のシーンのインパクトが弱い理由は何故でしょうか?

クライマックスシーンがいまいち盛り上がらない、ここぞ!という時にうまく表現しきれていない!

なんてことは、ボクもザラにあります。

ストーリーの ...

創作のメンタリティ

自分が一生懸命に作った作品を、誰か特別な人(他者)に見せて確認することってありますか?

「これ、いいね!」と褒められたとします。もちろん、褒められたら「やったー♪」誰もが嬉しいはず。

でも、あなたは時々、こう返 ...