google-site-verification=4OliuOTXDMdDiQwedrkPZ7QmpBf9m9tma0IQVe0lv_4

創作のメンタリティ

例えば、あなたが次の作品(新作)を考えているとしましょう。

ボクの考え方の結論は

何を描くのか?ではなく、何故描くのか?なんです。

あなたの創作理由(執筆動機)を見つけることが大切だと思います。

ストーリーの作り方

スリーベースを設定し、アイデアを時系列に並べて、ストーリーのアウトラインの作成、そして、ト書きや台詞入力も、だいたい終わったとします。

さらに完成度を上げるためには「ここポイントなのに意外とわかりずらい」などの死角を、検出 ...

キャラクターについて, ストーリーの作り方

ストーリーづくりで、あなたが読者に読んでもらいたい場面、「そこそこ!」「ここだよここ!」とキャラクターが活躍したり、あなたが一押しする感動シーンがあると思います。

作家として、誰もが作品の見所を感じて欲しいですし、読者を喜 ...

ストーリーの作り方

ストーリー作りコツは、一言でいうと骨格づくりが要になります。今回は、迷った時に、やることをお伝えしますね。

物語を書いている内に、どんどん迷宮にハマってしまいますよね。

「結局、自分は、何が書きたいんだろう?」 ...

創作のメンタリティ

お付き合いしている知り合いの人から、ボクに向かって「私、がんばります!」って、よく聞くんですよ。

おそらく、ボクも頑張っているから、「自分も頑張ろう!元気が出た!」と、喜んでくれているんですよね。

その気持ちす ...

ストーリーの作り方

結論からいいますと、あらすじは、DVDパッケージに書いてある文章で、シナリオとは、誰がどの場面で何をしているかという文章になります。

ですから、あらすじが優れているかどうかで、DVDの視聴率を左右されるとも言われています。 ...

ストーリーの作り方

今日は、ストーリーの展開方法で、つなぎを持たせるための作業についてご紹介しますね。

これ結構大切です!

主人公が転機を迎えるシーン、物語のターニングポイントを考える時にやりがちな落とし穴です。

例え ...

キャラクターについて

今回、主人公の動機について考えていきますが、まず、ボクの個人的なエピソードを聞いてください。

ボクが中学生の頃、あまりに幼稚で、感情的で、コミュ障で、精神薄弱で、厳しい世の中で生きていく自信がなくて、いつかは、のたれ死ぬな ...

アイデアの出し方

いつも創作お疲れ様です。今回は物語のオープニングのアイデアの出し方についてご紹介しますね。

さて。表題のアンチテーゼとはいったい何ぞや?と思われたあなた。

アンチテーゼとは、主人公の主張や正論(考え方)とは真逆 ...

ストーリーの作り方

いつも創作お疲れ様です。キャラクター設定の中でも、今回はサブキャラです。

実は、ストーリーを描いていると、主人公たちよりも、サブキャラやラスボスの方が好きになってしまうケースって結構ありましてね。苦笑

例えば、 ...

映画作品の解剖分析

『ドラゴンボールZ』(ナメック星・フリーザ編)鳥山明
何故、人気が出たのか?ボクなりに考察しましたので、お付き合いしていただけたら嬉しいです。

前編では『サイヤ人編』べジータがラス

作家の健康を守るポイント

眼精疲労や、視力低下・・・これって作家さんにとってはかなり致命的です。
七つの道具よりも目はとても大切です。

とはいっても、目を酷使することはどんな仕事でも免れません。
目は裸の臓器とも呼ばれ、とても繊細な ...

アイデアの出し方

アイデアの出し方で、〝地球環境〟〝少子化〟〝エネルギー問題〟〝コロナ〟〝民族浄化〟などの社会問題に対して自分はどう思うかを中心に創作しようとしても、

「物語にする意味ないですよ、それは論文です」「ノンフィクションではなくフ ...

ストーリーの作り方

クリティカル・シンキングとは、

平たく言うと、物事の本質を捉える考え方です。

例えば、
「そもそも、これって?」
「で?何なの?」
「本当にそうなの?」

ちょっと批判的ですよね?笑 ...

ストーリーの作り方

そもそもこの記事って、誰のために書いているの?ってことです。

ぶちゃけ小説家のためか?漫画家のために書いているのか?

ストーリー作りの文章だから、小説家のため?と考えられるかもしれませんね。

答えは ...

アイデアの出し方

突然で申し訳ないですが、クイズを出しますね。

夏休みにキャンプに楽しむはずが、あるきっかけで主人公が変死体事件に巻き込まれる

〝キャンプ〟

〝変死体事件〟

・・・という2つのキーワードが ...

ストーリーの作り方

巻き返しとは

これまで、やられっぱなしだった主人公が、いつかは必ず解決の糸口にたどり着くターニングポイント。

これが巻き返しのシーンです。

このシーンがどこでよく使われているかといえば、

序盤では舞台 ...

ストーリーの作り方

〝ハコ書き〟っていう言葉を聞いたことありますか?

ハコ書とは、シナリオを書く前の大枠のメモのようなものです。

〝ハコ書き〟は映画業界用語でも使われていて、監督が脚本を書き下ろすための補助的な役割がある

ストーリーの作り方

いつも創作お疲れ様です。

以前の記事で、あなたがもし、お化け屋敷を開発するプロデューサーだったら、最後につくる箇所は入口だということを解説してきました。

そこで今回は、物語を出だし、オープニング作りの考え方つい ...

ストーリーの作り方

ストーリーを創作する前の3つの決め事で、スリーベースを決める、そのメリットをこのブログではオススメしています。

逆に、スリーベースを決めた後のデメリットについても今回まとめて見ることにしました。

完全に、これ以 ...

キャラクターについて

「台詞の表現がベタすぎる・・・・」

はい。ボクも時々悩んでいます。笑

「もうちょっと何とかならなかったのかなぁ」と過去の作品を読んでよく後悔していますね。
結局、言葉選びや、センスの問題になってくると思うのですが、センス ...

キャラクターについて, ストーリーの作り方

久々に、ストーリーの肉付けについて少し触れていきたいと思います。 ストーリーのシナリオを書く時、①キャラクターの演出②キャラクターの状況説明これですね。ゴッチャにしていることが多いんですが、まったく異なります。例えば、①キャラクターの演技A ...

映画作品の解剖分析

アイデアの出し方とストーリー作りの創作理論だけでは、やっぱりイメージしにくいですよね。

そこで、このストーリー分析シリーズでは、ストーリー作りに役立つ、解説しやすい作品を、ボクの主観でピックアップしていきます。

ストーリーの作り方

面白いと思われる作品は、主人公の方向性が一貫しているかどうか?にかかっていると思います。

主人公の動機が、あちこちに飛んでいなければ大丈夫です。

ご安心ください。

創作前の3つの決め事(スリーベース ...

キャラクターについて

キャラの魅力を演出させるのって実は、そんなに難しくはありませんよ。

とんでもない不思議アイテムを、主人公に武装させたり、誰にも思いつかないようなシュチュエーションで読者を巻きこむネタを幾つも考えないといけないだろうか?

創作のメンタリティ


ぶっちゃけ、最近、感動することって減ってきてませんか? 良くも悪くも、何か思わず突き動かさせるような、いてもたってもたまらなくなるような、そんな感覚が、だんだん減ってきてませんか?幼い頃は、「誰々ちゃんがね!あれでね!これでね!」 ...

キャラクターについて, ストーリーの作り方

あ、不謹慎だと思われた方、スルーしてくださいね。

でも、ちょっと、顔が赤くほてる題目で気になってませんか?

はい。エロというと俗っぽくって、単純にHな性描写だと解釈しがちですが、性愛・情欲の感情をかき立てて、と ...

創作のメンタリティ

作品の作業が思うように進められず時間がどんどん過ぎていく。

集中してやろうと思っていたけど、違うことや関係ないことをはじめていた。

何から手をつけたらいいか分からず、なかなか始められない。

まだ自分 ...

創作のメンタリティ

ストーリー作りで、一番やっかいな障害物が〝フライング〟です。

普段、誰かと会話をしていて、話が飛んでしまうという経験はありませんか?

ボクはこれを〝フライング現象〟と名付けています。

知らない間に、 ...

ストーリーの作り方

あなたがストーリーを書き進めていて、いよいよクライマックスシーンを書く段階に突入したと仮定します。作業で頭がいっぱいな状況で、この記事を読むゆとりははないかもしれませんが、もし覚えていたら、是非、挑戦していただきたい内容です。 ...