google-site-verification=4OliuOTXDMdDiQwedrkPZ7QmpBf9m9tma0IQVe0lv_4

ストーリーの作り方

結論からいいますと、あらすじは、DVDパッケージに書いてある文章で、シナリオとは、誰がどの場面で何をしているかという文章になります。

ですから、あらすじが優れているかどうかで、DVDの視聴率を左右されるとも言われています。 ...

ストーリーの作り方

今日は、ストーリーの展開方法で、つなぎを持たせるための作業についてご紹介しますね。

これ結構大切です!

主人公が転機を迎えるシーン、物語のターニングポイントを考える時にやりがちな落とし穴です。

例え ...

ストーリーの作り方

いつも創作お疲れ様です。キャラクター設定の中でも、今回はサブキャラです。

実は、ストーリーを描いていると、主人公たちよりも、サブキャラやラスボスの方が好きになってしまうケースって結構ありましてね。苦笑

例えば、 ...

ストーリーの作り方

クリティカル・シンキングとは、

平たく言うと、物事の本質を捉える考え方です。

例えば、
「そもそも、これって?」
「で?何なの?」
「本当にそうなの?」

ちょっと批判的ですよね?笑 ...

ストーリーの作り方

そもそもこの記事って、誰のために書いているの?ってことです。

ぶちゃけ小説家のためか?漫画家のために書いているのか?

ストーリー作りの文章だから、小説家のため?と考えられるかもしれませんね。

答えは ...

ストーリーの作り方

巻き返しとは

これまで、やられっぱなしだった主人公が、いつかは必ず解決の糸口にたどり着くターニングポイント。

これが巻き返しのシーンです。

このシーンがどこでよく使われているかといえば、

序盤では舞台 ...

ストーリーの作り方

〝ハコ書き〟っていう言葉を聞いたことありますか?

ハコ書とは、シナリオを書く前の大枠のメモのようなものです。

〝ハコ書き〟は映画業界用語でも使われていて、監督が脚本を書き下ろすための補助的な役割がある

ストーリーの作り方

いつも創作お疲れ様です。

以前の記事で、あなたがもし、お化け屋敷を開発するプロデューサーだったら、最後につくる箇所は入口だということを解説してきました。

そこで今回は、物語を出だし、オープニング作りの考え方つい ...

ストーリーの作り方

ストーリーを創作する前の3つの決め事で、スリーベースを決める、そのメリットをこのブログではオススメしています。

逆に、スリーベースを決めた後のデメリットについても今回まとめて見ることにしました。

完全に、これ以 ...

キャラクターについて, ストーリーの作り方

久々に、ストーリーの肉付けについて少し触れていきたいと思います。 ストーリーのシナリオを書く時、①キャラクターの演出②キャラクターの状況説明これですね。ゴッチャにしていることが多いんですが、まったく異なります。例えば、①キャラクターの演技A ...

ストーリーの作り方

面白いと思われる作品は、主人公の方向性が一貫しているかどうか?にかかっていると思います。

主人公の動機が、あちこちに飛んでいなければ大丈夫です。

ご安心ください。

創作前の3つの決め事(スリーベース ...

キャラクターについて, ストーリーの作り方

あ、不謹慎だと思われた方、スルーしてくださいね。

でも、ちょっと、顔が赤くほてる題目で気になってませんか?

はい。エロというと俗っぽくって、単純にHな性描写だと解釈しがちですが、性愛・情欲の感情をかき立てて、と ...

ストーリーの作り方

あなたがストーリーを書き進めていて、いよいよクライマックスシーンを書く段階に突入したと仮定します。作業で頭がいっぱいな状況で、この記事を読むゆとりははないかもしれませんが、もし覚えていたら、是非、挑戦していただきたい内容です。 ...

ストーリーの作り方

はい。前回の続きになります。
もし、あなたが(①バトル+②ラブコメ)の要素があるジャンルを選んだ場合、

・バトルの結末 →勝つか負けるか?
・ラブコメの結末→好かれるか好きになるか?

この二つの ...

ストーリーの作り方

あなたが出版社やWEBに投稿や応募をして、自分のオリジナル作品を世に広めて少しでもブランド力を上げたい!願わくば、多少はお金にできたら嬉しい!そんな望みをかなえるために、丹精こめつつ、創作されているかと思います。

そこで、 ...

ストーリーの作り方

いつも創作お疲れ様です。

悪を効果的に描こうとするなら、まず、様々な人間や社会の裏の世界を学ぶことをおすすめします。

では、悪役よりも先にまず、“悪”そのものについて知りましょう。

人間の脳は、ポジ ...

ストーリーの作り方

今回は、主人公のハンディキャップの効果についてご紹介しようと思います。

これはけっこう簡単で、主人公が、ゴール(目的)に方向に向かうように設定した時にわかります。

これまでの記事でも、主人公の目標(ゴール)がと ...

ストーリーの作り方

読んでても、ハラハラドキドキがないと面白くないですよね?

どうすれば、あなたの作品の中にハラハラドキドキ感を出せるか?

人って恋愛ゲームやRPGもそうですが、刺激を求めていることは間違いないと思います。 ...

ストーリーの作り方

物語の各章と各章、各章と節、節から各章が、ぶつ切れにならないように気をつけないと読者がついてこれなくなるので、注意しましょう。

2つのストーリーパートの中間にある接合部分ですが、

うまく区切らないと、読者が迷っ ...

ストーリーの作り方

(1)ストーリーの連結

主人公の最終目的で本編ストーリー(幹)があり、主人公をゴールに導くために存在するサブキャラのサブストーリー(枝)があります。

この幹と枝を一つに結びつけないとストーリーが成り立ちません。 ...

キャラクターについて, ストーリーの作り方

前回では、二つの要素が対照的であればあるほどインパクトが与えられる、というお話でした。

関連記事:インパクトの与え方

メインキャラ

では、あなたが考える登場人物にインパクトがあるか?あるいは、映えさせるために必要 ...

ストーリーの作り方

インパクトの意味は、〝強い衝撃〟ですけど、読者にどのようにして衝撃を生ませているのか?まず、そのメカニズムについてご紹介します。

例えば、
車が壁に激突します!

結果、ものすごい衝撃音と、破片が飛び散り ...

ストーリーの作り方

読者に〝結末〟を感じさせないためにするのがミスリードです。

このミスリードが秀逸であればあるほど作品の価値が格段にあがります。

読者に、
そうか!そうだった!いやーまいった!ブラボー!

なる ...

ストーリーの作り方

ストーリーの結末が、予測できたらぜんぜん面白くないですよね?

そんなストーリーを作ってもあなたは楽しめないですし、当然、読者に作品の魅力を感じさせることは難しいです。

では、「結末をわかりにくくすればいいの?」 ...

ストーリーの作り方

あなたの作品を読んだ読者から続きが読みたくて気がすまない!眠れない!

そんなコメントをもらったら嬉しいですよね?

もし、そんなコメントしてくれる読者がたった一人でもいたなら、あなたがマイナーな作家であったとして ...

ストーリーの作り方

ストーリーの最高潮の見せどころとはクライマックスです。入口も見せ場の一つになる切り込み口です。

以前、お話したお化け屋敷は覚えていますか?

〝入口を簡単にして、出口の一歩手前で、ビックリさせる〟

入 ...

ストーリーの作り方

あなたのストーリーの中に、ここぞ!といえる名場面を盛り込むことで、物語全体を装飾していくための方法をご紹介します。

前回、作品ボリュームのことで、ストーリー分割についてのお話を覚えてますか?

・章(チャプター) ...

キャラクターについて, ストーリーの作り方

ストーリーには時系列があります。
つまり、キャラクターも状況が変われば〝変化〟するのです。

ボクたち3次元世界の生命体とちがって、キャラクターは2次元世界の生き物です。もちろん肉体のような細胞分裂して成長はしていま ...

キャラクターについて, ストーリーの作り方

前回、紹介した内容は、メインキャラクターは、

・ライトヒーロー(主人公)
・ダークヒーロー(ラスボス)
の2人でした。

サブキャラは、主人公の目的(ゴール)を果たすための、賛成派(協力者)と反対 ...

アイデアの出し方, キャラクターについて, ストーリーの作り方

いつも創作お疲れ様です。

前回のサブキャラに派閥を作るに続き、脇役の増やし方を解説します。

さて。脇役というのは、あまり役に立たず、邪魔で余計な人物としてのイメージがあります。また、巷では、モブキャラ(名無しの ...